Home » 未分類 » Wolfensteinは探索が面白い

Wolfensteinは探索が面白い

Wolfensteinクリア。Ch1で酔いと風景に心折れそうになったけど、Ch2から徐々に楽しくなってきた。中でも中盤からの自拠点周辺での探索が。ずっと敵がいるだけだったらすぐに飽きてたかも。Wolfensteinは少し待てば値下がると信じてみるか。Steamでサマーセール開幕。流石に発売したばかりのWolfenstein: The New Orderのセールは無かった。久しぶりに楽しかったな本当。またFPS熱が再発しそう。久しぶりにエンジョイFPSできた。OCした結果BF4がfps値90~110になった。グラボ買う必要ないな。次のコミュニティチョイス選択に悩む。レースを取るかFPSを取るか…なんだこの究極の選択肢。だからFPSのARとかMAPで味方位置確認しつつ死んだ場所とかでどこに敵がいるか、どういう立ち回りするかとか考えながらやるとAIMが疎かになったりだな。

とりあえず複雑なことするのはワイ向いてない。射撃がしやすくしっかりとTPSしてるし俺が基本愛用するバースト射撃の銃もあるしイイね。9月のdestinyまでにはPS4欲しいな。TPS下手だけどオンラインRPGもキリがないって知ってるけど…人外作れるって言うから。FPSもTPSもエイム重要だよね。どのゲームでもショットガン乱発してる。アーミーオブツーくらいのノリのオンラインCO-OPできるTPSが欲しい。ジャッジメントのアクションとTPSの融合は賛否を巻き起こし、熱心なギアーズファンの間では「こんなのギアーズじゃない」と思っている人も多いようだ。だけど個人としては、最高傑作だと思ってる。突撃してくる敵を殴ってひるませ、その隙にショットガンを打ち込みミンチにする爽快感。最近FPSしかしてなかったから今日はTPSをしよう。TPSでも大違いだ。ソニーがVitaの新ゲーム「バレットガールズ」で「TPS(タッチ・パンツ・システム)で女の子のお尻が触れる」説明をしてる頃、任天堂はE3でスプラトゥーンというイカのキャラクターで陣取り合戦する新しいカタチのTPS(サードパーソンシューティング)を発表して世界に注目されてた。

Comments are closed.