Home » 未分類 » 海外FPSは技術が進化している

海外FPSは技術が進化している

最近はまったゲームについて艦娘に聞いてみた。夕張「Orks must die!」望月「指」初雪「Wolfenstein the NewOrder」加賀「テトリス」。Wolfenstein終わったけど微妙だった。wolfenstein enemies territoryのMODでTrue Conbatってやつ。派手さはないもののバランスが良かったと思う。しかし残念ながら僕のセンスじゃなくてWolfensteinというゲームのマークに適当に付け足して名前入れただけ。最近ゲームがFPSばっかりでつまらん。Wolfenstein 3DやDOOMが出たときは感動すら覚えたが。そろそろ異性攻略ものじゃないアドベンチャーゲームの復活、MYSTや逆転裁判風なものを増やしていただきたいと個人的には思ってる。

海外→技術進化でFPSやオープンワールドが楽しくなる。日本→技術進化でそこにいるかのような美少女が。みたいな未来予想図を描いているけれど、当たらずも遠からずだろうな。最近の日本の狩りゲーってシステムがモンハンっぽくなる。そもそもそういう方法が一番しっくりくるのかもな。でもよく考えたら、元をたどれば海外のfpsやtpsからきてるのかな。日本は海外の主流とはちょっと外して、FPS/TPSでもエースコンバットやアーマードコア(自機は人間では無くマシン)みたいな路線を突き詰めればまだチャンスあると思うんだけど、どうだろう。海外だと近未来の設定のFPSが好かれてるのかな。「ゲームは娯楽である」と考える日本人は非常に多い。海外では「ゲームはスポーツである」という考えを持った人は多い。特にFPSやRTSというジャンルのゲームでは。前まで海外アーティストの顔全員一緒に見えたんだけどねおふぁいとレコーズくらいなら見分けられるようになった。

Comments are closed.